business policy

池田嘉次 写真

代表取締役 池田嘉次からのご挨拶

株式会社イケダコーポレーションは、2010年9月1日をもちまして、20周年を迎える事になりました。

ひとえに、お客様からの温かいご支持とご支援の賜物と日夜、社員一同、深く感謝致しております。創業以来、エコロジー・バウビオロギーの普及を目指して、脇目も振らず、一筋にひたすら歩き続けてまいりました。

皆様方の熱い応援とアドバイスにより、おかげさまで最高品質・適正価格・適正仕様を、維持発展する事が出来るようになりました。

最近、森林振興や木材利用促進等が法律化され、公共施設等への利用も進められるようになり、従来の住まいづくりや商業施設等でのご利用と併せ、更に社会への認知が広まっていくものと心強く思っています。

今後も、私達はリボス自然健康塗料、スイス漆喰、オガファーザーの総輸入元として、「ひとに優しく地球に優しい環境改善」のビジネスを通じ、お客様のご満足と問題解決に尽くします。

  

イケダコーポレーションの取組み

◆環境先進国であるドイツ・スイスを主とした、製造・施工・廃棄の全段階
  (製品ライフサイクル:LCP)において「環境・健康リスク」の適正な商品
   の取り扱い。
◆消費者が製品に含まれる全ての成分を判断し、製品を選択できるよう
  各製品毎の完全な成分明示。
◆ドイツ、オーストリア、スイスで取り組む高気密高断熱建築(パッシブ、ミ
  ネルギー)等のエコロジー建築及び、地域やコミュニティーで取り組む
  エコロジー活動の視察を目的とした「エコバウ建築ツアー」を年1回 開
  催。 詳しくは >>
  【エコロジー建築とは...】
  単に高断熱・高気密でエネルギー量を抑えた建築でなく、
  ①「製造/施工/廃棄」に関わる製品ライフサイクルに適合するもの
  ②「製造/施工/住人/廃棄に関わる人達」の安全と健康、火災時の
   有害物質の発生抑止、等を考えられたもの
  ③「製造~廃棄」また、廃材を処理するまでの総コストを抑えたもの
  それら全てにおいて適正でなければならない事を意味する。
◆自然素材やエコロジー住宅における健康な住まいを啓蒙する為、定期
  的なセミナーの開催。(パッシブ住宅、Bigセミナー等) 詳しくは >>
◆自然素材である漆喰をもっと身近に感じて頂きそして、漆喰の新たな可
  能性を発信(塗り壁のある風景コンテスト) 詳しくは >>

私たちの取り組みは、皆さまの家族や子どもたちへ安心・安全で快適な住まいと住空間の提案。そして、100年・200年と残り続けるより良い住宅や建築を実現させる為、枯渇しない自然素材をベースとした人・環境にやさしい素材をご紹介しています。
未来の地球と、未来を担う子供たちへ。