company profile

株式会社イケダコーポレーション

設立 1991年11月1日
資本金 3,000万円
代表者 池田嘉次
業務内容 エコロジー建材の輸入・販売 経営支援
従業員数 20人
所在地 大阪府大阪市福島区福島4丁目8-28 FJビル3F
TEL 06-6452-9377
FAX 06-6452-9378
Free Dial 0120-544-453
E-Mail info@iskcorp.com
主要取引銀行 りそな銀行 梅田北口支店
決算 8月末

~おかげさまで20周年~ イケダコーポレーションの歩み

1972 ルドルフ・シュタイナーの女性の弟子16名で、「自然と調和し、人間を育てる」シュタイナー哲学を理念に、「自然塗料」への取り組みが始まる
1974 ドイツで、リボス植物化学社が誕生
1986 チェルノブイリで原子力発電事故が発生
1991 イケダコーポレーション誕生と同時に、リボス自然塗料の日本への普及を開始
1995 高橋元氏が、ドイツの消費者向け書籍「エコテスト」を翻訳し、著書「エコロジ―建築」として発表。建築、特に住宅分野において、エコロジーが身近に取り上げられる契機になる
1997 リボス社植物化学社・環境部門代表ウラ・エガース女史が初来日。大阪にて、「室内汚染と環境適応 型建築の現状」のテーマで講演。定員200名のところ、約800名の聴講希望者が集まる
第1回 エコバウ建築ツアーを開始、ドイツのエコロジー建築の最先端を日本の建築関係者と視察
(コーディネーター:高橋元氏、ホルガー・ケーニッヒ)
「京都議定書」の採択。国際的なCO2排出削減への取り組みが活発化へ
1998 第2回 ドイツ エコバウ建築ツアーを開催(コーディネーター:高橋元氏、H・ケーニッヒ)
1999 第3回 ドイツ エコバウ建築ツアーを開催(コーディネーター:高橋元氏、H・ケーニッヒ)
2000 リボス社を通じて知り合った、ホルガー・ケーニッヒ氏の著書でドイツのベストセラーである
「健康な住まいへの道」の日本での出版に携わる
オガファーザー壁紙の取り扱いを開始
第4回 ドイツ・スイス エコバウ建築ツアーを開催(コーディネーター:高橋元氏、H・ケーニッヒ)
2001 第5回 ドイツ・スイス エコバウ建築ツアーを開催(コーディネーター:高橋元氏、H・ケーニッヒ)
文部科学省により「学校環境衛生基準」が改定され、教育現場での有害化学物質や健康被害(シックスクール)の認知が高まる
2002 第6回 ドイツ・スイス エコバウ建築ツアーを開催(コーディネーター:高橋元氏、H・ケーニッヒ)
スイスウォール・シリーズの取り扱いを開始
「住宅の品質確保の促進等に関する法律」の施行。住宅性能表示制度により、室内の空気環境の表示基準が設定される
2003 第7回 ドイツ エコバウ建築ツアーを開催(コーディネーター:石川恒夫氏、H・ケーニッヒ)
国土交通省が建築基準法を改正。室内環境が健康に及ぼす影響を考慮した、シックハウス対策に係る規制が行われるようになる
2004 第8回 ドイツ エコバウ建築ツアーを開催(コーディネーター:オラ・パプロ―ト氏、H・ケーニッヒ)
2005 第9回 ドイツ エコバウ建築ツアーを開催(コーディネーター:野沢正光氏、H・ケーニッヒ)
2006 第10回 ドイツ・スイス エコバウ建築ツアーを開催(コーディネーター:泉幸甫氏、H・ケーニッヒ)
2007 4月9日(スイスしっくいの日)に、第1回「塗り壁のある風景コンテスト」を開催
第11回 ドイツ・デンマーク エコバウ建築ツアーを開催(コーディネーター:野沢正光、H・ケーニッヒ氏)
「これからの住宅」セミナーを東京で開催(講師:久住章氏・牟田学氏・野崎進氏・草木雅弘氏)
2008 第2回「塗り壁のある風景コンテスト」を開催
「私のカントリーフェスタ2008in清里」に初参加
日独「BIGセミナー」を開催。ホルガー・ケーニッヒ氏&石川恒夫氏でのバウビオロギーに関する情報についての講演を、東京・大阪で開催
第12回 ドイツ・オーストリア エコバウ建築ツアーを開催(コーディネーター:石川恒夫氏、H・ケーニッヒ)
G8洞爺湖サミットが開催。温室効果ガスの排出規制への取り組みを具体化させる
2009 第13回 ドイツ・オランダ エコバウ建築ツアーを開催(コーディネーター:H・ケーニッヒ氏)
第3回「塗り壁のある風景コンテスト」を開催
「私のカントリーフェスタ2009in清里」に参加
2010 第14回 ドイツ・フランス・ルクセンブルク エコバウ建築ツアーを開催(コーディネーター:篠 節子、H・ケーニッヒ氏)
「私のカントリーフェスタ2010in清里」に参加
林野庁が「公共建築物等における木材の利用の促進に関する法律」を施行。国内の森林の適正な整備と木材の自給率の向上を促す
2011 東北地方太平洋沖地震による東京電力福島第一原発の事故を受け、ドイツ・スイスでは「脱原発」政策を決定
第15回 フランス・パリ エコバウ建築ツアーを開催(コーディネーター:H・ケーニッヒ氏、M・サバード氏)
「Bigセミナー2011」を開催。(講師:野沢 正光氏、森みわ氏、三浦 祐成氏)
「これからのパッシブ住宅セミナー」を福岡・名古屋・大阪で開催(講師:松尾 和也氏、三浦 祐成氏 他)
「私のカントリーフェスタ2011in清里」に参加
2012 ブラジル リオデジャネイロにおいて,「国連持続可能な開発会議(リオ+20)」を開催
第16回 ドイツ・スイス・イタリア エコバウ建築ツアーを開催(コーディネーター:中野 博氏、H・ケーニッヒ氏)
「私のカントリーフェスタ2012in清里」に参加
「実践!これからのエコロジー住宅セミナー」を開催(講師:森みわ氏、久住 章氏、須藤 正広氏)
2013 林野庁は、地域材の適切な利用を推進する「木材利用ポイント」を実施
第17回 ドイツ・スイス エコバウ建築ツアーを開催(コーディネーター:H・ケーニッヒ氏)
第4回塗り壁のある風景コンテスト「スイス漆喰アートフェスタ」を開催
「ikecoセミナー」を福岡・大阪・名古屋・東京で開催(講師:主婦と生活社 Come home! 山岡様、八木様)
2014 消費税率8%に引き上げ
ドイツ リボス社よりヴァルデマー・ボーテ氏が来日し「リボス創立40周年記念セミナー」を東京・大阪で開催
第21回ロハスフェスタ(万博公園)、「私のカントリーフェスタ2014in清里」に参加
第5回 天然スイス漆喰 塗り壁のある風景コンテスト2014を開催
第18回 ドイツ・スイス エコバウ建築ツアーを開催(コーディネーター:H・ケーニッヒ氏、滝川 薫氏)

ページトップへ