お問い合わせ

ご注文へ

リボス自然健康塗料

ABOUT LIVOS

リボス自然健康塗料とは

自然と調和し、人の育みと健康を考えた塗料

自然素材の家のイメージ写真

Livos-リボス自然健康塗料-

ドイツにあるリボス社は、40年以上続く人の健康と安全性、環境への配慮を追求した自然塗料のパイオニアです。
リボス自然健康塗料は、世界で初めて人の健康と安全を考えた自然素材を基にした塗料メーカーとして1972年に生まれ、その取り組みは世界で高く評価され、認知されている塗料です。 そのリボスのこだわりは奥深く、自然素材であっても人体に有害なものは決して使用しないという強い理念のもと、誰もが安心して使える自然塗料を開発し続けています。ここでは、そんなリボス自然健康塗料のこだわりをご紹介していきます。

リボス自然健康塗料のこだわり

01.世界で初めて作られた自然塗料

リボス自然健康塗料誕生のきっかけは、子供が学校にいると気分が悪くなり、家に帰るとそれが治る症状が起きたことに始まります。誰もが知る「シックハウス」の症状です。当時は原因不明とされた時代で、その学校から相談を受けたのがリボス社のオーナーとなるボーテ氏でした。そして、その症状から学校環境に何か原因があるのではないかと考え、原因究明に務めたのです。また、問題はその学校にとどまらず、調べていくと建材などから有毒な物質(ホルムアルデヒド等のVOC:揮発性有機化合物)が揮発していることが原因だと突き止めたのです。同時に、それら有毒な物質により多くの人々がアレルギー症状に苦しんでいることにも気づいたボーテ氏は、この状況を変えたいとの願いから、高濃度の有機溶剤を含みホルムアルデヒド等を大量に揮発する化学塗料に替わる、人や環境に安心安全な自然塗料の開発・提供を決意し、今に至るのです。

ローズマリーボーテ氏

ローズマリーボーテ氏

02.100%成分開示とその安全性

花の写真

リボス自然健康塗料は、自然と調和し、人と環境に安全な塗料を作るという理念に基づき、自然塗料の中でも珍しい100%成分開示を行なっています。この企業姿勢が世界から高い評価を受ける所以でもあります。どんな素材を含み、安全と言える根拠は何かを皆様が自分の目で見て、確かめ、選択することができるのです。また、天然でも人体に有害な物は使用しない理念に基づき、研究を重ねています。開発当初に採用していた天然溶剤もアレルギーを引き起こす可能性があることがわかり、より安全な溶剤をスウェーデンのカロリンスカ研究所と共同開発し、その問題を解決してきました。その溶剤は、吸引しても人体に成分が吸収されないイソアリファーテ※という安全性の高い溶剤と天然のオレンジピールオイルから作られます。そして、赤ちゃんが舐めても安全な塗料として日本でも認知が広まったのです。

PDA

※イソアリファーテは、厳しいアメリカ合衆国のFDA基準で、野菜洗浄、果物・野菜コーティング、ワインやビネガーの製造時に使用できる安全性を保証されています。また、馴染みあるもので言えば、化粧品や医療品類の溶剤としても使用されています。

03.木材保護塗料としての役割

リボス自然健康塗料は、木の持つ性質を十分に理解して使用用途に合わせた自然塗料づくりを行なっています。
無垢の木の調湿性を損なわず、木を堅く強くすることで、無垢の木を長持ちさせ、メンテナンスも簡単に施せるのが自然塗料に求められる効果です。

亜麻仁油の抽出風景

木に適した植物油
「低温抽出した亜麻仁油」

リボス自然健康塗料は、主成分をコールドプレッシング法という低温抽出した亜麻仁油を採用しています。 一般的な80℃程の熱ではなく、40℃程の低温で亜麻の種からオイルを抽出しているので、ビタミンが壊れず木にとっての栄養が豊富なオイルになります。 それだけでなく、熱膨張しないので、サラサラとしたオイルになり、木に浸透しやいことや、食品レベルの安全性を保てるというメリットがあります。 高品質な亜麻仁油は、木に塗布→硬化後にとても高い保護力を発揮してくれるので、リボス社はこのコールドプレッシングの亜麻仁油を主成分に採用しているのです。

亜麻仁油の抽出風景

木の呼吸性を妨げない浸透性のオイル

リボス自然健康塗料は、塗装後の木部表面に膜を張らず、木に浸透するので、木の呼吸性を妨げず、木そのものの耐久性を維持することができます。 また亜麻仁油は分子がとても細かく、木の導管の奥まで入ることができます。そのため、塗膜がなくとも撥水性を発揮することができ、それにより、汚れも入り込みにくいので、手入れの際とても簡単に汚れを取り除くことができるのです。

04.シュタイナーに学ぶ「人智学」と「色彩学」

ルドルフ・シュタイナー

リボス自然健康塗料は、クロアチア出身の哲学博士ルドルフ・シュタイナーの教えを基に色彩について考え作られています。
室内の色彩は人々の意識に大きな影響を与えるというシュタイナーの考えから、自然界の中にある色彩だけを使い、自然界にない人工的な色彩は使わず、自然な色彩の中での暮らしで人の意識や感性を豊かにできればと考えています。 なのでリボス自然健康塗料では、自然素材の天然鉱物顔料や植物色素を使い自然界にある色彩にこだわっています。

05.人と環境に優しい製品ライフサイクル

家の写真

リボス社は「自然の中で自然と共に自然のために仕事がしたい」という想いで、地域全体を環境で豊かにするプロジェクトを進めています。 1990年当時、東西ドイツの国境に近い、ニーダーザクセン州のウェルツェン郊外の元家具工場を復元し、元の環境を保ちながら製造を行なっています。 以来、地域性を生かしたエコロジカルな取り組みに賛同する企業が集まり、エコロジービジネスを広める取り組み「エコ・リージョン」を開始し。 リボス社は塗料製造に使用する亜麻仁油の搾りカスさえ再利用し、牧畜のエサや断熱材に再生し、その企業姿勢は世界からの高い評価を得ています。

06.木のことを考え作られた塗料ラインナップ

リボス自然健康塗料の写真

リボス自然健康塗料は、木材の持つ性質に合った塗料づくりを行なっており、クリア塗料だけでもたくさんの種類があります。
また、日本向けには当社と共同で開発した日本の気候風土に合わせた高耐久性の自然塗料(タヤエクステリア)を開発しています。
クリアオイル、着色カラーオイル、ペンキ調、ワックス、メンテナンス製品、多岐にわたり日本でもラインナップを揃えています。