お問い合わせ

資料請求

ご注文へ

COLUMN

コラム

【セミナー案内】持続可能な未来へ ドイツ「断熱の今」-Big Seminar2024- 5/20(月)大阪

  • イベント

    お知らせ

 

ドイツ サスティナブル建築

 持続可能な未来へ

 ドイツ「断熱の今」

Sustainable Architecture in Germany

   - Big Seminar 2024 -

 

地球温暖化に伴う脱炭素の取り組みや、サスティナブルな社会をつくる上で建築には大きな変化が求められています。その変化の糸口を掴む貴重なセミナーのご案内です。

ドイツのエコロジー建築家による先進的な断熱情報や、建築政策など「EUの断熱の今」を紹介します。また、断熱の歴史や建築物理学の視点からの理解を深め、日本国内での木繊維断熱材の事例をご紹介。そして、断熱の効果と湿度が見える形で確認できる非定常熱湿気解析プログラム/WUFIを使用し、断熱性能だけでなく熱容量と湿度に伴う壁内結露の対策や、これからの建築に求められるサスティナブル性など付加価値に繋がる家づくりを解説します。

 

独・日 断熱のエキスパート達によるセミナーです。

 

▼▼▼ 申し込みは Peatixをご利用下さい。

https://bigseminar2024.peatix.com

 


【開催日】 2024年5月20日(月)

                     開演 13:00 – 17:30   開場 12:30

【会   場】 梅田スカイビル タワーウェスト 22F A 会議室

      〒531-6023 大阪市北区大淀中1 丁目1-88

     JR 大阪駅 約7 分 / 地下鉄 梅田駅・阪急 梅田駅 徒歩約 9 分

【定   員】 80名

【参加費】 一般 5,000円/人、学生 1,000円/人(当日学生証提示)

【懇親会】(参加ご希望の方) 3,000円/人

 

【主 催】株式会社イケダコーポレーション

【協 賛】一般社団法人日本断熱住宅技術協会、 株式会社タニタハウジングウェア

 

▼▼▼ 申し込みは Peatixをご利用下さい。

https://bigseminar2024.peatix.com

 


◆ 講演内容

ヴォルフガング・レーナート氏(約2時間)

「地球環境を救う外断熱工法」

・EUの「建築生産条例」の変更点と、建築物の効率に関する指針の変更点について

・外断熱建物の防火に関する情報と、欧州における試験方法の確立。ラウンド・ロビン試験の結果の紹介

・欧州外断熱協会(EAE)が主催した2023年外断熱賞(EAEAward 2023)を受賞した作品の紹介

・ドイツ持続可能建築協会の活動内容について

 

辻 充孝氏(約1時間)

「熱貫流率では計れない断熱材の特性」

WUFI(非定常熱湿気解析プログラム)によるデータ解析

・ 断熱性能と壁内結露対策

・ 蓄熱性(熱移送)と湿度移送

・ 木繊維断熱材の特徴など

解析データでみるワンランク上の快適性とは!?

 

田中 辰明氏(約1時間)

・外断熱工法の歴史の概要

・建築物理学的な視点からの外断熱工法の説明

・外断熱工法の実例の紹介

・木毛繊維断熱材を使用した木造外断熱住宅の事例について

 


◆ 講師紹介

Dr.Wolfgang Lehnert/ ヴォルフガング・レーナート

カイザースラウテルン工科大学、ウィーン工科大学、シュトゥットガルト大学で建築の研究を修了し、ウィーン、シドニー、バンクーバーでインターンシップを行う。1994 年から 1996 年までエスリンゲンで建築に従事し、1996 年から京都大学工学部建築学科研究生、日本から帰国後は1999 年に「Architekturwerkstatt Lehnert」を設立。 2008 年以降は建築コンサルティング会社。2008 ‒ 2016年公益事業会社シュタットベルケ エスリンゲンの建設プロジェクトに携わる。2021 年からシュトゥットガルト地域工芸教育アカデミーでエネルギーコンサルタントの講師を務め、「 安全で持続可能な労働環境の構築」という専門分野では、エスリンゲン技術アカデミーで講師を務める

 

辻 充 孝 / 岐阜県立森林文化アカデミー 教授

一級建築士・バウビオローゲBIJ

大阪芸術大学建築学科を卒業後、Ms建築設計事務所に入所。5年間の実務経験を経て2001年から現職。建築計画、温熱環境の研究、講座を受けもつと同時に、木造住宅や木造建築の設計に携わる。

スマートウェルネス住宅等推進調査事業委員、環境共生住宅推進協議会パッシブデザイン検討委員、日本セルロースファイバー断熱施工協会顧問

【受賞歴】抜粋

2015年自邸カミノハウスにて地域住宅賞奨励賞受賞(建築研究所)

2016年自力建設プロジェクトにてウッドデザイン賞受賞

2020年morinosにて木材利用優良施設コンクール林野庁長官賞受賞

2022年第1回SDGs建築賞(一財)住宅・建築SDGs推進センター理事長賞受賞

【著書】

全部絵でわかる7エコハウス

 

田 中 辰 明 /お茶の水女子大学 名誉教授・(一社)日本断熱住宅技術協会 理事長

1963 年早稲田大学理工学部建築学科卒、65 年同大学院理工学研究科建設工学専修修士課程修了、大林組技術研究所勤務。1971 – 73 年ドイツ学術交流会奨学生としてベルリン工科大学ヘルマン・リーチェル研究所客員研究員。1979 年「建築外皮構造の熱的評価に関する研究」で早大工学博士。1993年お茶の水女子大学生活科学部教授。2006 年定年退官、名誉教授。同年ドイツ技術者協会(VDI)よりヘルマン・リーチェル栄誉メダルを授与。2008 年厚生労働大臣より「建築物環境衛生向上発展」の功績により表彰される。

【著書】抜粋

防寒構造と暖房、これからの外断熱住宅、ブルーノ・タウト 日本美を再発見した建築家、他

 


 

◆前回のビッグセミナー

オンラインビッグセミナー2020 〜地域を拓く設計術〜

 

RECOMMEND