お問い合わせ

ご注文へ

WORKS

施工事例

木材利用優良施設コンクール特別賞受賞「高知学園大学8号館」(高知県)

令和2年度 木材利用優良施設コンクール 審査委員会特別賞を受賞しました!

 

森林県日本一(森林面積No.1)である、高知県・高知市にある私立大学。 土佐桧(ヒノキ)を外壁に使用し、リボス自然健康塗料 タヤの亜麻色を採用した事例です。

 

現在、建築基準法が改正され「木造3階建て・60分準耐火仕様」にて「木材を多く現し」として仕上げる事が可能になりました。 いわゆる「木3」(モクサン)といわれる建築物で、これまではS造りかRC造りが殆どでした。これからはこの基準法改正により、非住宅部門でもより多くの「木造・木質化」が期待できます。

 

「木は自然に朽ちていくものであり、その過程で変色するのは当然の現象。急な色の変化より、自然に変色していく色合いを楽しみたい」

艸建築工房・横畠(ソウケンチクコウボウ・ヨコバタケ)氏

 

(2021 カレンダー10月掲載)

仕様

【外装】

リボス自然健康塗料 No.279 タヤ 亜麻色

 

【構造】躯体:CLT工法 両壁:3X12mの日本最大の大判サイズ・3層通し壁仕様

 

写真提供:有限会社 艸建築工房