お問い合わせ

ご注文へ

COLUMN

コラム

11月開催!屋久島・新庁舎見学ツアー(2泊3日)のご案内

  • イベント

    お知らせ

    業者の方

\設計者同行・解説あり!/

屋久島・新庁舎見学ツアー

2019年11月5日(火)〜7日(木)【2泊3日】

10/4 情報追加】

屋久島に移住し、森林の保全と地杉の活用に取り組んでおられる屋久島大屋根の会の浦田功氏にご登壇いただき、屋久島の林業の今や、地杉に関するレクチャーを実施いたします。

また、屋久島町役場の全面協力の元、一般では入ることができない国有林にも入林させていただけることとなりました!

(設計・監理:株式会社アルセッド建築研究所

 神秘の島、屋久島で新築された木造庁舎と地杉の現地視察ツアーを開催いたします。
 
2019年5月、日本初の世界自然遺産に認定された神秘の島、屋久島に「地杉」をふんだんに使った木造の新庁舎が完成しました。今回のツアーは、屋久島町役場の全面協力の元、その本庁舎を設計監理したアルセッド建築研究所の武田氏に同行いただき、現地視察をしながら解説いただく内容です。

屋久島は縄文杉や弥生杉で有名ですが、自生する杉の南限地でもあります。また「1か月に35日雨が降る」と言われるほど日本で最も年間降水量が多く、さらに花崗岩が海底から隆起した島のため、十分な養分を蓄えない土壌となっています。その特異な土壌が、縄文杉の様な「巨木」を育てる背景となっています。

屋久島特有の土壌で育まれた「地杉」(屋久島では樹齢1000年以上を屋久杉、100年の若い杉は古杉、戦後人工的に植林された杉を地杉と呼びます)は厳しい環境で育った分、木材の中心部分は赤身より黒い黒芯であり、非常に芳醇な香りを放ちます。他の杉と比べても「強い粘りやしなり」は構造材として活用できます。またヤング係数も他の杉と比べても非常に高い結果が出ていますので、外壁材やデッキ材としても十分に活用できるのが特徴です。

 庁舎見学の他にも、視察先として屋久島の地杉加工をしている製材所や、地杉を植林している「地杉の森」を訪問。また、地杉を活用した各種家具や香水の原料となる地杉精油工場見学など盛りだくさんの内容です。

視察後のお楽しみとしては、黒潮海域特有の屋久島海鮮料理、名物「首おりサバ」や「トビウオの唐揚げ」などにも舌鼓しつつ、屋久島特産焼酎「三岳」にて皆様と懇親、親睦を図りたいと思います。

ツアー最終日には、気軽に屋久杉パワーを体験できる「ヤクスギランド」で屋久島のおいしい空気を肺いっぱいに吸い込んで帰ります!

「屋久杉は一見にしかず!!」
是非ともこの機会をお見逃しなく!奮ってご参加をお待ちしております!

※天候や状況により内容を変更する場合がございます。

屋久島鹿イメージ

◇ 開催概要 ※詳細・注意事項についてはPDFファイルをご確認ください。
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

旅行日程:2019年11月5日(火)~11月7日(木) 2泊3日

旅行代金:お一人様 126,000円(税込)

宿泊先 :シーサイドホテル屋久島(1室2名様利用)

食  事:朝食 2回 昼食・夕食 0回

添乗員 :同行なし

バス会社: 屋久島道の駅観光、まつばんだ交通バス、種子島屋久島交通

最少催行人員:伊丹発着3名、羽田発着10名

【お申込み方法】

下記よりお申込書をダウンロードいただき必要事項をご記入の上、

06-6344-3928 (東武トップツアーズ)までFAXをお願いいたします。

お問合せ:株式会社イケダコーポレーション(担当:藤田)☎️0120-544-453 

申込締切り日:2019年10月11日(金)

◇スケジュール◇

【東京】 往路11/5(火)09:30羽田空港発

復路11/7(木)13:30/14:45屋久島空港発→16:15伊丹空港着

17:25伊丹空港発→18:35羽田空港着

【大阪】 往路11/5(火)11:20伊丹空港発

復路11/7(木)13:30/14:45屋久島空港発→16:15伊丹空港着

11/5(火) 屋久島庁舎・製材所等視察
11/6(水) 大屋根の会・浦田氏レクチャー

製材所・屋久島の森・地域資源活用センター等視察

11/7(木) ヤクスギランド

協力:屋久島町役場 産業振興課・株式会社アルセッド建築研究所

武田光史氏プロフィール


パンフレット・お申込み書ダウンロードPDFファイル