お問い合わせ

ご注文へ

COLUMN

コラム

コラムNo.08|洗う?!無垢材のメンテナンス!!

  • コラム

    リボス

今回は、前回のコラムでご紹介させていただいたOne’s女子会で教えていただいた
無垢の可能性を広げるメンテナンス方法をご紹介します!

自然素材ファンにはたまらない内容です。

 

そもそも、私が住環境サポートのお仕事をして早20年。

無垢材を洗う!なんてことを考えたこともなかったですし、
そんなメンテナンス方法があるなんて今回初めて知りました。

 

無垢材を住まいに選ぶ時、一番聞かれるのは汚れについて。

我が家も床は全て無垢材を使用していますし、カウンター、テーブルも全て

無垢材です。

 

ズボラで大胆な私の愛用する事務所のテーブルもこの通り。

テーブル洗う前
こちらは10年ほど使用しているパイン材のテーブルです。

傷もありますが、それより肌でいうと日焼けしすぎ、乾燥しすぎ、

で栄養が足りなさそうに見えます。

現場で余った無塗装パイン材のフローリングの材料をリユースして

DIYで作ったもので、子供が小さいうちは無塗装にワックスがけした

状態で使用し、6年前から事務所の打ち合わせテーブルとして

オイル塗装をした状態で使用しています。

 

ある時はカフェのように食事を楽しんだり、

ある時は子供たちの創作の場になったり、

とにかく無垢材だからといって遠慮することなく 、

思いっきり使用して10年の月日が経過します。

 

本物の木であれば傷がつくのも当たり前だし、

傷や汚れを見て愛着が増す日々を過ごしていましたが、

ここにきて、メンテナンス隊長の山本さんから教えていただいた
斬新なメンテナンス方法と出会い、もしかしたらこのテーブルも

少しは綺麗になるかも?と興味が沸々と湧いてきました。

という訳で、思い立ったら即行動!ということで、Let’s Maintenance!!

それでは始めていきたいと思います。こちらが今回使用したリボスの

「ケアセット」

 

スタッフの方が1つ1つ手作りされて、スポンジや拭き取りの布まで入っていて
お手入れに必要な道具がセットになっているこのセットに、まず感激!
届いたらすぐに作業に取りかかれるのがいいですね。

ケアセット箱 ケアセット中身

(セット内容)
中性クリーナー トレナ(TRENA) 100ml
ポリッシュ ドライアデン(DRYADEN) 100ml
ウエス(布)
ポリマー(研磨スポンジ)

 

まずは、洗浄です。中性クリーナーのトレナをコップにティースプーン

1杯程度入れ、水で薄めて準備します。
これで汚れを落としてきます。付属のポリマーでまな板を洗うように

ゴシゴシと洗っていきます。

トレナで洗う

ポリマースポンでこすってみると、、、 洗ったところの汚れが浮いて

日焼けが薄くなったような感じ。
茶色い垢みたいな汚れがどんどん出てきます!!

汚れ

ギャーーーーーーーーーーー!!! スゴイ!!!
軽く布布で拭き取って見ると、、、 こ、こ、この汚れ、見て下さい!!!

続いて、保護していきます。この時のポイントは、

しっかり乾かして乾燥させることです。
ドライアデンのオイルを乾いたウエス布で擦り付けるように

塗っていくことで表面がしっとりと保護されます。

洗ったところと、何もしていないところがこんなに明確な差が!!
汚れが取れて、本来の木目が浮き出てきました。

ドライデン後

テーブルを触っているのに、不思議と頭をシャンプーしているような

爽快感とスッキリ感!!笑

最後に、耐水ペーパー(紙やすり)で磨き上げていきます。

今回使ったのは#1500です。(おすすめの番手は#1000〜#1500です。)

通常のケアセットの仕上げの説明にはないのですが、紙やすりで磨くと

より撥水性とツヤが増し、肌触りが滑らかになります。

 

マットな質感がお好みの場合は、ドライアデンの仕上げのみでも十分です!

洗うメンテナンス後 洗うメンテナンス後2

ジャーーーン!!! こちらが磨き上げたテーブルです!!!

わかりますか?? このツヤ感!!!
一皮剥けたようなテーブルに生まれ変わりました。

文章ではなかなかお伝えできないのですが、
メンテナンス前と後では、手触り触感が全く違うんです!

滑らかで、オイルが染み込んでしっとり。思わず頬をつけたくなるほど

気持ちいい肌触り。
10年分の汚れや垢が取れてサッパリ!たった一度のメンテナンスで

こんなに変わるんですね!

無垢の木って、本当に私たちの肌とそっくりだと思います。
しっかりクレンジングして、保湿して、栄養をあげるとプルップルになりますもんね!

 

「手間は愛情」

大量生産、大量消費の現代の世の中にあふれるものとは打って変わって、
世界にたった1つだけのこのテーブルに、また新たなストーリーが加わりました。

愛着たっぷりのモノに囲まれて過ごす時間&生活は、とても豊かな気持ちになります。

「これからもずっと宜しくね!」
いつもお世話になっているこのテーブルに挨拶して、ここからまた新たなスタートを楽しみます。

 

 

著者プロフィール

  田村美奈子さんプロフィール画像

暮らしプランナー 田村美奈子   One’s work代表

(住育アドバイザー/インテリアコーディネーター/ライフオーガナイザー)

ママは太陽!をコンセプトに「食育×住育」視点から、お家がパワースポットになるライフスタイルを提案している。

 

コラムNo.7   →コラムNo.9

RECOMMEND