お問い合わせ

ご注文へ

COLUMN

コラム

エコバウ建築ツアー報告記|第13回 (2009)

  • イベント

    コラム

 

エコバウ建築ツアー2009は、「暮らしと自然がつながるための建築を求めて」をテーマにドイツ・オランダをめぐりました。

 

有名建築をはじめ、エコロジー先進国の中でもより進んでいるドイツ・オランダのエコロジー建築を視察しました。

 

今回は、実際に訪れた建造物の解説資料データをもとにご紹介します。

 

新建ハウジング」掲載記事も併せてお楽しみください。

 

 


「新建ハウジング」(2009年10月〜12月)

 

 

 

 

ツアーレポート


 tour report

 

 

ツアープログラム

 

 

Day1 オランダ

1.1-NMB銀行本社(アムステルダム)

1.2-INGハウス(アムステルダム)

1.3-会議場(バーゼル)

 

資料:エコバウツアー2009資料(1.1-1.3)

 

Day2 オランダ

2.1 – The Beurs

2.2 –世界自然保護基金(WWF) (ザイスト)

2.3 –定住型持続可能集合住宅(クレンボルフ)

 

資料:エコバウツアー2009資料(2.1-2.3)

Day3 ドイツ

3.2 – BOB (アーヘン)

3.3 – SuperC, (アーヘン)

3.4 – etrium, (ケルン)

 

資料:エコバウツアー2009資料(3.2-3.4)

Day4 ドイツ

4.1 –クルト・トゥホルスキースクール

4.2 –自由ルドルフ・シュタイナー学園, ハーン・グリュイテン

4.3 – Der’s Richter, ランゲンフェルト

4.4 – ネヴィゲス „Maria, Königin des Friedens“, (フェルベルト)

 

資料:エコバウツアー2009資料(4.1-4.4)

Day5 ドイツーエルトフィレ

5.1 – エーベルバッハ男子修道院

 

Day6 ドイツードッツハイム

6.1 – フロイデンベルク城

 

 


 

パンフレットPDF

 

 Pictures 

 

ツアーコーディネーター TOUR COORDINATOR

Holger Konig ホルガー・ケーニッヒ

1951年ミュンヘン(ドイツ)に生まれる。ミュンヘン工科大学及び大学院で建築を学ぶ。1983年にエコロジー建材店や家具工房を設立後、設計事務所も主宰し、建築家、家具職人、建材流通の多様な経験を持ち、バウビオロギー・バウエコロジーを踏まえた住宅、幼稚園、学校を数多く手がける。
主な著書としてドイツでベストセラーとなった「健康な住まいへの道」(1985年初版・1997年第9版)があり、2000年に日本でも翻訳、出版される。1996年から2001年まで、自然建築材料の建築業者の集まりであるÖKO+ AGの取締役会の議長を務める。以降もそれまでの経験を生かしたさまざまなバウビオロギーや木造プロジェクトの管理や研究を任され、現在も活躍中。

RECOMMEND